福岡の新築一戸建てを購入する前に 無理なく買える資金計画と最適な住宅ローンをコンサルティング

他社がマネできないコンサルティングで安心できる人生設計を。
堤エステートでは物件を買ってもらうための営業ではなく、お客様が不動産を本当に買うべきかを検証する資金計画のコンサルティングから始めます。大切なのは購入後の生活も見据えた資金計画でメリットのある物件購入をすることです。
ムリなく買える住まいの価格とは?
金利の違いでこんなに変わる住宅ローン
エリアによってこんなに違う資産価値教えます
知ると知らないでは大違いです!
無理な営業致しません 購入断念の提案もあり
いろいろ迷っている方相談だけでもOKです
FPでもある代表の堤猛雄が資金計画を総合的・
客観的に組立てます

住宅資金・教育資金・老後資金資金計画は『住宅資金』だけでなく将来必要となる『教育資金』『老後資金』も見据えた上での組立が必要です。家を買ったために家計が苦しくなるのは本末転倒。豊かな人生を送るためには最初が肝心です。

堤エステートではお客様の資金計画を、FP(ファイナンシャルプランナー)でもある代表の堤猛雄自らがお客様個別の条件をもとに客観的な視点から現状と未来を踏まえてありのままをお伝えいたします。

不動産購入は買った後の生活を大きく左右します。不動産業者は物件の問い合わせがあったら即座に物件を案内するのではなく、お客様にとって最良の資金計画を組み立てることを、まずすべきと考えます。

マンガでみるコンサルティングの重要性
安くなった仲介手数料も吹き飛ぶ!住宅ローンの選択は最重要課題です

住宅ローンは金融機関毎に様々な商品があります。不動産営業マンや銀行マンの勧められるままに決めてはいけません。また借入期間が長期に及ぶ場合が多いため目先の支払額に惑わされないようにすることも重要です。ご自身に最適な金融機関とプランを比較しながら納得のいく借り入れをしましょう。

同じ商品でも1%の金利差で総支払額に大きな差がでます

住宅ローンは商品だけでなく借入時期によっても金利が違うため総返済額に大きな差がでます。

同じ条件でも返済方法の違いで総支払額に大きな差が出ます

各金融機関によって住宅ローンの適用金利は違います

今後の金利推移は誰にも予測できません

現在は低金利の住宅ローン。このまま低金利が続けばいいのですが今後の予測は誰にもできません。実際に過去の金利を振り返ると平成2年には年8.5%になったこともありました。バブルの真っただ中とはいえ、このようなこともあったのです。海外に目を向けると平成24年にギリシャでは近年の混乱で長期金利が最大38.5%まで上昇しました。改めて金利は怖いものと感じたものです。

●民間金融機関の住宅ローン金利推移グラフ
●ギリシャの長期金利推移グラフ

このように商品の選択を誤ると最終的に大きな差がつくのが住宅ローン。たとえ購入時に仲介手数料が安くなっても同時に的確なアドバイスがないと、そのメリットが吹き飛んでしまいます。

住宅ローンの返済は長期に及びます。現時点の返済金額だけで判断するのは大変危険です。堤エステートでは、まず住宅ローンの仕組みからご説明いたします。その上で、お客様毎に違う年収やご家族の状況、今後の資金計画やライフプランを伺いながら最適なプランをご提案いたします。

豊富なデータと独自システムによる客観的な分析で希望物件の査定や資金計画を組立てます

不動産の価格はなかなか分かりにくいもの。それは不動産が立地や面積、築年数や管理状態など千差万別で、ひとつとして同じものがないという特性があるからです。価格を比較するのも難しく、それが高いのか安いのかも分からないのではないでしょうか。


そんな分かりにくい不動産の価格を分かりやすく理解していただくために、堤エステートでは様々なデータや情報を収集しつつ独自に不動産データをシステム化し、独自システムである不動産データマイニングサイト『なびnet』を構築してお客様への提案に活用しています。

提示するデータの一例
不動産市場で販売中の類似物件データ
不動産業者のみ閲覧可能な成約データ
業者の仕入市場である競売不動産データ
賃貸運用の参考となる賃貸市場データ
マンション・一戸建て等の新築物件データ
不動産市場の動向と今後の流れ

また近年は不動産の知識だけでは的確なコンサルティングは不可能です。金融・経済・政治だ
けでなく様々な統計数値・法整備の変化・世界の動きなど幅広い知識を持つことで明確な提案
が可能になるのです。

数々のデータや明確な数値を解析し視覚的に分かりやすく表示しつつ、それに関わる知識を織り交ぜながらお客様にも一目瞭然にお分かりいただける不動産価格の説明を致します。

不動産データ以外の
動向も重要です
国勢調査など人口動態からみる今後
金融・経済・株価などの景気動向
法整備や優遇制度それに伴う市場変動

お客様にとって不動産の価格は分かりづらいものです。当社ではお客様でも理解しやすいように立地・築年・相場・各種データから算出、その物件が割高なのか買い得なのかを査定・提案します。

昔ながらの不動産業者にありがちな相場勘や経験値だけで、不動産は語れない時代になりました。不動産業界は変わったのです。代表:堤猛雄のモットーは、高い資産価値とメリットのある不動産を購入をしていただくこと。お客様が不動産を高く買うことで結果的に損をして欲しくありません。そのためにも購入前にデータや事例等から、理論的かつ客観的に分析しお客様にとって最適な物件購入のアドバイスをご提供いたします。

専門分野のプロと連携しつつ不動産購入時の優遇制度をフル活用したアドバイスをいたします

不動産購入には、国や自治体によって様々な優遇制度等が設けられています。これらの情報をFPでもある不動産のプロとして、また顧問税理士や弁護士、司法書士等と連携をとりながら的確にアドバイスいたします。

無理な営業はいたしません。時には物件購入の断念を提案することも

堤エステートでは競売不動産を取り扱って約20年になります。たくさんの所有者とお会いしてきましたが、自宅が競売になる多くの原因は無理な資金計画による住宅ローンの借入です。

所有者は不動産業者や銀行から勧められるまま借り入れをした結果が競売。皆様『こんなはずではなかった…』と肩を落とされます。資金計画を見直すと明らかに借り過ぎ。最初の入口である資金計画が間違っているのです。

こうならないためにも、堤エステートではお客様の年収・家族構成・今後のライフプランをお聞きしたうえで購入についての意見や購入すべき物件の予算などを算出いたします。

そして明らかに無理があるお客様には物件購入を断念する提案もいたします。がっかりはされますが、お伝えしたことをとても感謝していただきます。
買うべきでない時はありのままをお伝えする ― それが堤エステートのモットーです。

他社で検討中の物件や購入前コンサル・ご相談だけもお気軽にどうぞ

他社で物件購入を検討しているが不安がある…。そんな時は堤エステートで客観的な意見を聞いてみませんか?代表の堤猛雄が第三者の立場から客観的な意見とアドバイスいたします。※ご相談いただける物件は、契約前の物件となります

ご相談時には物件資料・他業者からの提案書・お客様が会社員の場合は源泉徴収票、自営業の場合は3期分の確定申告書をお持ちください。

『物件が決まってない』『賃貸か購入か迷っている』
『何からしていいかわからない』

そんなお客様こそぜひご相談下さい。まずはご自身の現在の状況、そして将来必要になると予想される資金を算出することで、人生設計を明確にすることができます。今までコンサルティングを受けられたお客様には物件購入には至らなくとも、とても満足いただいております。下記お手紙はそんなお客様からいただいたものです。



あなたもご自身の現状を検証した上で、物件探しを始めませんか?

まずは現状の把握と資金計画の組立、そして予算を算出。
その後、物件を探し始める!
これが堤エステートが提案する物件購入サービスの第一歩です。